• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

アーティストのGacktさんが激怒しています。

それもそのはず、自身の名前を無断で利用したあげく、自身の愛車をプレゼントなどと勝手に宣伝していたためだ。

Gacktさんの激怒を受け、サイトは閉鎖、Twitterアカウントも削除されていますが、Gacktさんは最後に“法廷で会いましょう”徹底抗戦の意向を示していらっしゃいます。

image

Sponsored Link

『個人情報取りのみのサイトか』

勝手にGacktさんの愛車プレゼント“エサ”に応募と称して個人情報を得ていたのでは…と言われているサイト管理人にGacktさんが激怒しています。

以下引用

歌手のGACKT(41)が8日、自身のブログを更新。自身の名前を許可無く使用して宣伝に利用したウェブサイトが存在したとして激怒。法的措置を講じる意向を示した。

「ボクも本当に舐められたもんだ。なんで、ボクが許可も出していないのに、人の車を勝手にプレゼントの商品にしてるんだ? 有り得ない話だ。怒りを通り越して笑いしか出てこない。こんなことが許されるのか?」と憤慨。

サイトの管理者に警告したところ、サイトは閉鎖されたようだが、管理者はTwitterで「GACKTさん本人が不快に感じられたようですので停止させていただきました。楽しんで貰う予定が、事が大きくなりマイナスに働いたためこれでは本末転倒だと判断いたしました」などと釈明。

この釈明に「人の名前を勝手に使っておいて、人の所有物を勝手にプレゼントにして、それで楽しんで貰うってどういうことだ???まあ、世の中腐ったヤツが多いってことなのか・・・。ぶっ飛ばしてやる!」とさらに怒りをあらわにしたGACKTは、「さあ、ここの管理人と関係者。ボクを怒らせたらどうなるか思い知らせてやる。法廷でお逢いしましょう・・・」と、徹底抗戦の構えを見せている。

引用元:日刊スポーツ

自身の名前を勝手に宣伝に使われ、しかも良からぬ目的で使っていたとなるとそれは怒って当然だと思いますね。

問題となっている実際のTwitterアカウントを調べてみたところ、すでに削除済みのようです。

image

image

image

そんなGacktさんが、ゲーム“熱血高校ドッジボール部サッカー編”に挑戦する様子の動画がありましたので合わせてご覧下さい。

激怒といえば、海外でも最近こちらの人気アーティストが激怒し、取り巻くパパラッチの一人にパンチをかましたことで話題になりましたね。

→ジャスティンビーバーのパンチ画像!パパラッチとパリにてもみ合いに…

『周りの反応』

今回のGacktさんが激怒した件に対してネット上では、

「これは無断で名前使ったサイトが悪いよね」
「激おこぷんぷん丸なのですね (●`ε´●)」
「これはサイト側が悪い」

などのコメントがありました。

Twitterアカウントが慌てて削除されたケースで見てみますと、つい先日暴走したEXILEファンの一部の女性が暴走した様子をTwitterで公開し、大バッシングを受けtweetが削除されたという一件も話題になりました。

→EXILE TRIBEのハイタッチ会の暴走ファン投稿画像が話題…