• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

妻子ある方との不倫路上キス(以下路チュー)週刊文春に報じられた乃木坂46松村沙友理さん。

運営側も公式の謝罪を発表しましたね。そんな中、そんな松村さんとの路チュー相手である集英社に勤務する男性の情報が出回っているようです。。

また、その方のヤングジャンプを担当していた当時の担当作品とはなんだったのでしょうか。

image

Sponsored Link

『運営元が公式に謝罪』

運営側が公式に謝罪を発表するも、松村さんの処分については無しの方向で話は進んでいるようです。

以下引用

「ファンの皆様へ」として「松村沙友理の一連の報道に関しまして、ファンの皆様に多大なご心配をお掛けしましたことを深くお詫びいたします」と謝罪コメントを掲載。「今回の件に関しましては、多数のお問い合わせ、ご意見、叱咤激励を頂戴しております。みなさまのご意見を真摯に受け止め、引き続き乃木坂46の活動をご支援いただけるよう努めてまいります。今後とも乃木坂46をよろしくお願い申し上げます」としている。

松村の今後についてなどは、明らかにしていない。

松村自身は8日夜、文化放送「レコメン!」に出演し今回の騒動について涙ながらに謝罪。相手の男性について「私が悩んで煮詰まっている時、街で声をかけられた」と説明。「会話の内容は大半がアニメ、漫画など趣味のことで、男女の仲という感じでは全くありません。なんてバカなことをしたんだと自分でも信じられません」などと釈明した。

引用元:スポニチアックス

男女の仲では無かったのに不倫路チューをしてしまった…ということですね。

こちらが掲載された画像になります。

image

また、松村さんの路チュー相手が一部では“佐井慶英氏ではないか”という話が出てきているようです。。

こちらが新人?の頃の佐井氏。

image

image

画像引用元:もきゅ速

また、この方のヤングジャンプ当時の担当のマンガは“夜王”の次の作品“華と修羅”“嘘喰い”“幕末紅蓮隊”という話が出てきているようです。

個人的に知っているのは“嘘喰い”という漫画ですが、これはかなり面白いです。

カイジアカギ系の漫画が好きな方なら必ずハマると思います。

そんな“嘘喰い”の世界観をオリジナル?に作ったような動画がありましたので合わせてご覧下さい。

また、松村さんの文化放送“レコメン”での涙の謝罪も話題になりましたね…

→松村沙友理、レコメンでの謝罪音声(動画)はこれ。

『周りの反応』

文化放送での涙の謝罪が“うそ泣き”とも言われている松村さんに対してネット上では、

「どこまでファンをバカにするんだ。」
「うわーウソ泣きとか引くわ!」
「だって人が用意した台本を読むだけだもんね(笑)」

などのコメントがありました。

不倫アイドルといえば、元モーニング娘のこの方も早ければ今月末にも芸能界に復帰すると話題になっていますね。

→矢口真里、梅田賢三と破局か!“別れ”も“復帰の条件の一つ”に…会見も必見。